躁うつ病

うつ状態と躁状態を周期的に繰り返す疾患です。うつ状態の時の症状はうつ病の場合と同じです。躁状態では気分が爽快になりますが、一方で誇大的になり攻撃性が高まったり、普段ではみられないような散財や目的志向性の高い行動を次から次に始めたりします。本人は気分が高揚し、全能感に満ちているため、時に病識を持ちにくいこともあります。客観的にみると、行動はまとまりがなく、ひとつひとつの遂行能力は低下しているため、躁状態の時も、社会機能の低下を招くことがあります。

それ以外に、うつ状態と躁状態が混ざった混合状態もあり、この場合は爽快感や万能感のかわりにイライラや攻撃性が高まり、治療に難渋することもみられます。

躁うつ病の中には、発症時の初回のエピソードが抑うつ状態で、うつ病と診断を受けている場合もあります。

治療の経過中、抗うつ病の内服で、激しく躁転することもあり、うつ状態の治療に関しては周期的な気分の波がこれまでになかったかどうかなど、慎重に判断する必要があります。

当院の躁うつ病の治療

内因的な要素が強く、薬物療法が重要です。気分の波の振幅を小さく保つことで、社会的機能の損失を少なく抑えることができます。